レーザー脱毛器「ジェントルレーズ」の特徴

ジェントルレーズ

この記事の対象:レーザー脱毛器「ジェントルレーズ」の特徴が知りたい人

こんにちわ。所長 (@otokono_biyou) だ。

この記事では各種レーザー脱毛器の特徴を詳しく説明する。
今回紹介するのは、「ジェントルレーズ」だ。

後継機の「ジェントルレーズプロ」も合わせて適宜言及する。

ジェントルレーズの特徴

ジェントルレーズ

日本のクリニックに一番導入されているレーザー脱毛器らしく、実績抜群。

  • 名称:Gentle LASE(ジェントルレーズ)
  • 製造元:Syneron Candela(シネロン・キャンデラ社)| 米国
  • URL:https://candelakk.jp/products/gentlelase.php
  • レーザー種類:アレキサンドライトレーザー
  • レーザー波長:755nm
  • 照射タイプ:HR式
  • 発売年:1998

現在は後継機の「GentleLase Pro(ジェントルレーズプロ)」が発売されている。

ジェントルレーズプロ
  • 名称:Gentle LASE Pro(ジェントルレーズプロ)
  • 製造元:Syneron Candela(シネロン・キャンデラ社)| 米国
  • URL:https://candelakk.jp/products/gentlelasepro.php
  • レーザー種類:アレキサンドライトレーザー
  • レーザー波長:755nm
  • 照射タイプ:HR式
  • 発売年:2012

レーザー脱毛器全体の立ち位置としては、[上段左側]のところ。
メラニン色素に対して選択的に吸収されやすいのがアレキサンドライトレーザーの大きな特徴。

レーザー脱毛器の分類

仕様

詳細なスペックは下記の通り。(GentleLase / GentleLase Pro)

GentleLase GentleLase Pro
レーザータイプ アレキサンドライトレーザー アレキサンドライトレーザー
波長 755 nm 755 nm
スポットサイズ 直径18 mm(最大) 直径6-24 mm
※20-24 mmはオプション品
繰り返し周波数 最大1 Hz 最大10 Hz
照射強度 18 J/cm2(最大) 6~150 J/cm2(6mmスポットサイズ)
6~100 J/cm2 (8mmスポットサイズ)
6~60 J/cm2 (10mmスポットサイズ)
10~40 J/cm2 (12mmスポットサイズ)
7~30 J/cm2 (15mmスポットサイズ)
6~20 J/cm2 (18mmスポットサイズ)
5~16 J/cm2 (20mmスポットサイズ)
4~13 J/cm2 (22mmスポットサイズ)
3~11 J/cm2 (24mmスポットサイズ)
パルス幅 3 msec(最大) 0.25 – 100 msec

照射の様子(動画)

シネロン・キャンデラ社の公式の「GentleLase PRO」紹介動画。

『Introducing GentleLase PRO

0:30~あたりから照射の様子が披露されている。
実際に背中や脚などの広範囲部位はこんなペースでポイポイと照射される。

歴史、実績がある機器

ジェントルレーズは1998年にレーザー脱毛器として米国FDAの販売許可を受ける。
日本国内にもレーザー脱毛目的の機器として同年の1998年から導入されている。

後継機であるジェントルプロは2016年12月に長期的な減毛を目的としたレーザー装置として、日本で始めて薬事承認を取得した機器である(承認番号:22800BZX00446000)。

海外の臨床データに基づいた実績、信頼性が一つのメリットだと言える。

DCD(ダイナミッククーリングディバイス)による表皮冷却

DCD(Dynamic Cooling Device):レーザーと同期し、レーザー照射直前に冷却ガスを吹きつけることにより皮膚を保護する機能。

メラニン色素への反応が高い波長のアレキサンドライトレーザーを使用しているため、ターゲットの毛包以外に皮膚に含まれるメラニン色素のにも反応してしまう。通常冷却装置なしだと120℃程度まで上昇してしまう表皮温度を80℃程度まで抑える。

さらに冷却により痛みを緩和できるため、局所麻酔なしで施術出来る。
・・・というのは建前で痛いものは痛いので麻酔の使用は任意で。

下記はDCDの冷却ガスが噴射している様子が実写(0:15~)でよく分かる動画なのでご参考に。

【動画】
『レーザー脱毛+DCD』日本橋形成外科より

ジェントルレーズのデメリット

  • 痛み
  • 増毛、多毛、硬毛化
  • やけど
  • 毛のう炎
  • 色素沈着
  • 色素脱失
  • 照射漏れ→照射スポットが円形

など、一般に医療レーザー脱毛に伴うリスクはライトシェアデュエットにも当てはまる。

特にメラニン色素への反応性の高い波長のため、肌が黒い人(地黒)は効果が出にくい、かつやけどのリスクが高まる。
日焼けは当然NGだ。

また、クリニックへの普及率が高いのはスキンリジュビネーション(肌美容目的の施術)にも利用できるという側面もある。
男性のヒゲなどの毛根が深い部位へは、HR式のダイオードレーザーやヤグレーザーも合わせて検討してみてほしい。

レーザーの波長と到達深度
引用:BEAUTY SKIN CLINIC

ジェントルレーズに向いている人

  • 剛毛の人や毛が太い部位:
    メラニン色素への反応が高いアレキサンドライトレーザーゆえ、黒々として太い毛の人や毛が太い部位には効果が高い。
  • どの脱毛器を選べばいいか分からない人:
    歴史と実績に裏打ちされた定番機器として万人に合う一番平均点の高い脱毛器と言える。
  • ついでに美肌効果も得たい人:
    脱毛の本筋とは逸れるが、スキンリジュビネーション(肌美容目的の施術)、具体的にはシミ、小じわ、肌質改善などにも使用される機器なので、アンチエイジングに励む男子は一石二鳥を狙ってみてはいかがだろう。

ジェントルレーズを導入しているメンズクリニック

レーザー脱毛施術は医療行為なので、導入できるのは美容外科やクリニックなどの医療機関のみだ。

ジェントルレーズ(PRO含む)か、ダイオードレーザーのライトシェアデュエットのどちらかが定番器として導入されているケースが多いはず。

メンズ大手の脱毛クリニックの現状を紹介する。

ゴリラクリニック

【あったりなかったり】

  • メディオスターNeXT PRO(必ずある)
  • ライトシェア・デュエット
  • ライトシェアXC
  • ジェントルヤグ(必ずある)
  • ジェントルレーズPRO

の5機種を導入しているが、メディオスターとジェントルヤグ以外は院によってあったりなかったりする。

メンズリゼ

【ない】

HR式脱毛器はダイオーレーザーである「ライトシェア・デュエット」が導入されている。

湘南美容クリニック

【ある】

  • ジェントルレーズ
  • ウルトラ美肌脱毛(ドクターパルス脱毛)
    →エステサロンで行われるフラッシュ脱毛の一種
  • メディオスターNeXT PRO

の3機種が各院に導入されている。


〈おわり〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です