正しい洗顔の回数とは?一日一回洗顔のすすめ。

この記事の対象:洗顔の回数が気になる人

みんなは一日に何回洗顔しているだろうか?
洗顔の正しい回数とは?

洗顔はスキンケアの基本のキだという点を念頭に考えてみたい。

結論:洗顔料を使用した洗顔は一日一回

結論から先にいうと、最も推奨する方法はズバリ一日一回

推奨洗顔方法

<一日一回洗顔法>

【夜】 洗顔料を使用した洗顔
【朝】 ぬるま湯での洗顔(※洗顔料は使用しない)

では、推奨方法の理由を順を追って説明したい。

一日一回洗顔を推奨する理由

洗顔の目的

そもそもの洗顔の目的とはなんだろうか?

それは顔の皮膚についている余分なモノを落とすことだ。

余分なモノとは・・・

  • 余分な皮脂、古くなった角質、汗などの分泌物
  • 肌に付着した空気中の浮遊物(塵・埃・排ガス・花粉など)
  • 日焼け止め、保湿剤、化粧などの化学物質

これらが混ざりあった汚れである。

一日外で過ごして肌に堆積したこの汚れは、夜の洗顔で落とし肌を清潔な状態にして睡眠を取る。
これが洗顔の主目的である。

なぜ“洗顔料を使用した”洗顔は一日一回推奨か?

洗顔の目的は余分なもの(汚れ)を落とすことである。
しかし、洗顔のしすぎは、必要なものまで落としてしまう。

角層表面にはバリア機能と水分保持のための役目を果たす皮脂膜が形成されている。
皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺からの水分が混ざって乳化したもので、肌が本来備えている保護機能だ。

過剰な脱脂は、肌の恒常性維持機能のバランスを崩す

基本的には、この体に本来備わっている機能にお任せしておくに越したことはない。
肌に限らず、人体のあらゆる機能は常に一定の状態を保とうとする。
恒常性(ホメオスタシス)の維持機能と呼ばれるものだ。

皮脂についても、落とせば分泌されるが、落としすぎると過剰に分泌されてしまう。
その過剰に分泌された皮脂が気になり、更に洗顔をするという悪循環に陥る。
そして、過剰皮脂によるニキビや角栓肥大、黒ずみなどが気になり、それらを解消するために余計なスキンケア用品を更に使う…

まず、解決すべきは洗顔だ。
それも何か手間をかけるのではなく、なるべく手間を省く(=やめる)こと。

世に流通する洗顔料は十分すぎるほどの洗浄力を備えている。
とりわけメンズ製品は洗浄力が強すぎる。よって僕はメンズ製品を推奨しない。
だから洗顔料を用いた洗顔は日中のさまざまな汚れを落とす夜の一回で十分。
僕が夜にシェービングを勧めるのもこのため。

関連男だからといってメンズ用化粧品を使う意味はない

関連: 【決定版】正しい髭(ヒゲ)の剃り方

今、一日二回(朝・夜)洗顔料を使用した洗顔をしている人は最初はテカリが気になるかもしれないが、徐々に皮脂の分泌量が減ってくる。皮脂のバランスが正常化されるまでの辛抱のだ。脂性肌の人は次の章も読んでほしい。

ちなみに花◯なんかの化粧品業界の中の人が、「寝ている間に変性した『遊離脂肪酸』を落とすためにも朝の(洗顔料を使った)洗顔を」と言っているのはポジショントークなので無視しよう。
洗顔料売っているのに、洗顔料ははなるべく使わず肌本来の機能に任せたほうがいいなんて口が裂けても言えない。
皮脂を過剰に脱脂し、失った潤いや油分を補充するために美容化粧品を推しておけば企業的には一石二鳥である。

過度な脱スキンケアの危険性

タモリ式入浴法に代表されるように、洗剤の類を全く使用せず、肌本来の機能にお任せという美容法があり、芸能人でも実践者が多い。

タモリ式入浴法

芸能界きっての美肌といわれるタモリは、お風呂では石けんもボディーソープも使わず「湯船に10分つかれば、体の汚れの80%は落ちる」と語っている。
この入浴法を、ローラをはじめ、福山雅治、妻夫木聡といった美肌の面々が実践している。

お金もかからないし、これが出来るに越したことはない
だいたいお肌プルプルの赤ちゃんはボディーソープなんて使わない。

だが、この入浴法を試すならどちらかと言えばまずは乾燥肌の人だ。
脂性肌の人がいきなりこれをやると、肌本来のバランスを取り戻す以前に過剰な皮脂が取り切れずに毛穴詰まりなどの肌トラブルを招く。
恒常性の維持機能と先述したが、外的なバランス(=洗顔の回数)を急に変えても、人体の内的なバランスはそんなに急には変化に対応できない。

ダイエットと同じで急激な変化はよくない。脱スキンケアを目指すなら徐々に慣らしていこう。

おわりに:正しい洗顔にむけて

スキンケアの基本は洗顔から!

皮脂の落とし過ぎは返って過剰な皮脂分泌を招く。

洗顔は一日一回を限度に、肌本来の保護機能を取り戻そう。

所長

洗顔後は保湿も忘れずに
スキンケアの基本!化粧水・乳液の役割と正しい使い方

〈おわり〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です