ヒゲ脱毛するなら湘南美容クリニックのウルトラ美肌脱毛はおすすめしない!

ウルトラ美肌脱毛は非推奨!

この記事の対象:湘南美容クリニックでのヒゲ脱毛を検討している人

こんにちわ。所長 (@otokono_biyou) だ。

今回は、メンズ脱毛を手がける大手クリニックである湘南美容クリニックでヒゲ脱毛を検討している人、または既に契約済みで施術を受けている人にアドバイスを捧げる。

ずばりウルトラ美肌脱毛」はやめておこうということだ。
(言い換えれば、せっかく高いお金を払ってヒゲ脱毛に取り組むならより効果が確実とされているレーザー脱毛器を選択しようということ)

この記事では、「ウルトラ美肌脱毛」を推奨しない理由と、既に契約済みの人への対処策まで含めて紹介する。

「ウルトラ美肌脱毛」とは?

「ウルトラ美肌脱毛」とは湘南美容クリニックで提供される、湘南美容クリニックのオリジナル脱毛器を使った脱毛方式のこと。

湘南美容クリニックでは現在下記の3種類の脱毛器が使われている。

  • ジェントルレーズ:写真左
  • メディオスターネクストプロ:写真右
  • 「ウルトラ美容脱毛」器:写真中央
湘南美容クリニックで使う脱毛器

ジェントルレーズとは、米・Syneron Candela社が開発したアレキサンドライトレーザー(波長755nm)を用いたHR式(熱破壊式)脱毛器である。
HR式脱毛器の代表選手的存在だ。

詳しく知りたい人はこちら☟

ジェントルレーズレーザー脱毛器「ジェントルレーズ」の特徴

メディオスターネクストプロとは、ドイツのエスクレピオン社が開発したダイオードレーザー(波長810nm)を用いたSHR式(蓄熱式)脱毛器である。
近年普及しているSHR式脱毛器の代表選手。

詳しく知りたい人はこちら☟

メディオスターNeXT PROレーザー脱毛器「メディオスターNeXT PRO」の特徴

ウルトラ美肌脱毛器とは上述したように、湘南美容クリニックが独自に導入しているIPL脱毛器である。

※IPL:Intense Pulsed Light

波長は500〜1200nmで、脱毛方式はメディオスターと同じくSHR式(蓄熱式)に該当する。

所長

HR式(熱破壊式):痛いやつ
SHR式(蓄熱式):あんまり痛くないやつ

「ウルトラ美肌脱毛」をすすめない理由

概要がわかったところで、ヒゲ脱毛には「ウルトラ美肌脱毛」を非推奨とする理由を説明する。

「ウルトラ美肌脱毛」はレーザー脱毛ではない

ウルトラ美肌脱毛はあくまでIPL脱毛である。

IPL脱毛というのは、一般にエステサロンで提供されるフラッシュ脱毛(光脱毛)の類の脱毛方式。

所長

IPL:Intense Pulsed Light =「光」

なぜわざわざ医療レーザー脱毛が施術可能なクリニックに通ってフラッシュ脱毛を受けるのだ?
もう一度基本であるレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて勉強し直してほしい。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い【メンズ】医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い【クリニック vs. エステサロン】

以前、湘南美容クリニックのHPに掲載されていた説明を転載する。

「ウルトラ美肌脱毛」の説明

まず、「IPLレーザー(赤線)」という言葉の定義を調べたが分からなかった。

レーザーはレーザー、IPLはIPLで両者は別物であると私は認識している。

単波長のレーザー光線(下図右)に対して、多くの波長を含むIPLのイメージは下図(下図左)。

レーザー光と普通光の違い
KEYENCE より

よく、ウルトラ美肌脱毛は「ルビー、アレキサンドライト、ダイオード、ヤグの4種類を同時照射する」という説明をしているサイトを見かける。
IPLの光源はレーザーで用いられる鉱物(ルビー、YAGなど)や半導体(ダイオード)ではなく、キセノンランプである。
言うなればちょっと強いカメラのフラッシュだ。

医療レーザー脱毛機であるメディオスターの場合「808nm940nm」の異なる2つの波長の光を同時照射しているが、「808940nm」ではないことに注意してほしい。

また、多くの波長を含んでいるので、より多くの毛に作用するという点をメリットであるかのように説明しているサイトもある。
確かに多くの毛に作用はするが、その分光が分散しているためエネルギーが低く、作用はするがレーザー光と比較して脱毛効果は低い。

レーザー光とIPL
via smoothskin.com

さらに、以前湘南美容クリニックの男性脱毛ページに掲載されていたQ&Aを引用する。

===引用===

医療用レーザー脱毛と光脱毛、フラッシュ脱毛の違いは何ですか?

「脱毛の効果が全く違います。」

高い効果を考えた場合、毛根に対して直接ダメージを与える必要があるのですが、光脱毛やフラッシュ脱毛、IPL脱毛などは十分なダメージを与えることができないので脱毛の効果が低いです。
医療用レーザーは高い出力で脱毛を行うことができます。

==========

所長

公式がそれを言って・・・

エビデンスに乏しい

湘南美容クリニックがオリジナルの脱毛機であるウルトラ美肌脱毛のマシン導入したのが2016年末頃である。

現在は、医療レーザー脱毛器でもメディオスターなどの痛みの少ない SHR式(蓄熱式) の機種が多くのメンズ脱毛クリニックで導入されている。

しかし、歴史の浅いSHR式(蓄熱式)脱毛器の効果を疑問視する声がある。
医療機器として製造販売承認を取得しているメディオスターでさえあえて避けるという人がいるのが現状だ。

そのような中、レーザー脱毛器ではないIPL脱毛の長期間の効果を誰が保証できるだろうか。

もちろん光脱毛などのエステサロンで行われる脱毛でも効果がゼロではないだろう。
ただし、医療レーザー脱毛機の選択肢があるクリニックのなかであえて効果の劣る可能性のあるIPL脱毛を選ぶ理由にはならない。

痛みの少なさと脱毛効果はトレードオフ

ウルトラ美容脱毛のメリットとしてあげられているのが痛みの少なさである。

もちろん効果があるなら痛みが少ないに越したことはない。
しかし、本来の目的であるヒゲ脱毛の効果を発揮せずして、痛みを抑えるなど本末転倒だ。

そもそも痛いとされるHR式脱毛器であっても照射強度を落とせば痛みは押さえられる。
ただそれでは何のために高い料金を払って施術を受けているのかちんぷんかんぷんだ。

同様に、メリットとして語られる美肌効果。

湘南美容クリニックという女性層がメインとなるクリニックにおいては「美肌効果」というワードは訴求力が高いかもしれない。

しかし、ヒゲ脱毛を受けようとしている男に対してはどうだろう?

美肌を手に入れるなら、脱毛器の効果ではなく、早く脱毛を完了させヒゲ剃りをやめることのほうがよほど効果的であろう。

また、肌質改善を目的にしたレーザー治療は確かに存在するが、それを主目的にするなら肌質改善専用の施術を受けるべきだ。
ヒゲ脱毛においてウルトラ美肌脱毛を選択することは、脱毛と美肌の「一石二鳥」ではなく「二兎追う者は一兎も得ず」になりかねない。

ウルトラ美容脱毛で既に施術を受けている人はどうする?

最後に、「そんなこと言っても、もうウルトラ美容脱毛で施術受けてるし……」という人に向けて対処法を紹介する。

ずばり、施術機種の変更を申請すること。

ただ、湘南美容クリニックは契約時に脱毛器を選ぶという形態であり、基本的には毎回コロコロ変えられるというわけではない。

変更についてはコース契約後1年以内であれば1回のみ変更というという規定があるらしい。
さらには、院によって対応が変わるという情報もある。

各人の契約タイミングによって規定が変更されている可能性がるので、とにかく一度契約している院に問い合わせてみよう。

新情報:コースの選択肢は「ウルトラ美肌脱毛」のみになった

ここでヒゲ脱メンたちにビッグニュースが飛び込んできた!

新情報

2019年2月、ヒゲ脱毛をコースで新規に契約する人の選択肢は「ウルトラ美肌脱毛」のみになったらしい

(つまり、みんな「ウルトラ美肌脱毛」で受けたがらないので自社開発費用が回収できないということ…?)

じゃあどこでヒゲ脱毛を受ければいいのか?
という人は下のページを参考にしてほしい。

ヒゲ脱毛のおすすめはゴリラクリニックに決定!ヒゲ脱毛のおすすめはゴリラクリニックという結論に達したので聞いてほしい【2019年】

〈おわり〉

1 COMMENT

たーくん

私自身も、2018年11月に湘南美容クリニック赤羽院にて臀部のウルトラ美肌脱毛で脱毛経験がありますが、メディオスターでの6回照射と違って、照射回数が1回しか無いのにかかわらず、施術金額がウルトラ美肌脱毛とメディオスターは同金額ですので、なんか、損をした感覚を受けました。

男性の髭脱毛のコースがウルトラ美肌脱毛しか選択肢が無いとの事で、今後、湘南美容クリニックでの男性の脱毛は、ウルトラ美肌脱毛を使わない、VIOしか脱毛が出来ないですね。

2019年4月に発行された10,000円引きのクーポンから利用金額が30,000円以上に引き上げられました。

サービスが改悪になっている事を実感しております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です